【専門家が徹底解説】姿勢は意識では直らない【反り腰・猫背】

姿勢が悪いと自覚している人は「意識」で姿勢を整えようとします。しかし「いい姿勢」を意識していると姿勢は逆に崩れていく可能性があります。

姿勢は本来自然と「いい状態」に保たれています。決して「意識」で保たれているわけではありません。これを無視して「胸を張る」「背筋を伸ばす」ことをしていると姿勢にとっては逆効果に働くこともあります。

この記事ではなぜ姿勢は意識では直らないのかを専門家が解説します。またどうすれば姿勢は良くなっていくのかについても触れています。

胸を張っていては姿勢は良くならない

昔の僕もそうでしたが、胸を張っている姿勢が「良い姿勢」だと思っていました。ですが、トレーナーとして活動していく中で自分の考えが間違っていることに気が付きました。

胸を張った姿勢を日常的に意識していると体は反る方向に入っていきます。この姿勢…過剰になっていくと肋骨は前に飛び出すようになり、背骨はまっすぐになっていきます。

確かに胸を張ることで堂々とした雰囲気を作り出せるため、自分を強く見せることができるかもしれません。ですが日常的にこの姿勢をとっていると「呼吸」が浅くなり「背骨の機能」が低下してしまうことも考えられます。

実体験として、胸を張って背筋を常に伸ばしていた僕は何度も腰を痛めていますし、呼吸も浅く疲れやすかったです。

背骨をまっすぐにすると脚への負担が大きくなる

背筋をピンと張っていると、背骨のカーブは減少します。背骨はS字カーブを描いていますが、「S」の形が崩れてしまいます。

背骨がS字カーブを描いているのは「地面からの衝撃」を吸収するためです。

二足歩行である人間が長距離を移動するためには極力脚への負担を減らすことが重要になりますが、S字カーブの減少で衝撃吸収が下手になってしまうと当然脚へのダメージが蓄積します。

結果、脚へのダメージ増で脚やふくらはぎは太くなります。良かれと思って「いい姿勢」を意識することで別の部位に負担をかけてしまうことはよくある話です。

胸を張ることで体を丸める能力が低下する

胸を張ることも一見良さそうで僕も意識していました。しかし、胸を張り続けていると反対の「体を丸める能力」が低下します。

僕もそうでしたが、脊柱起立筋と呼ばれる背骨に沿うようについている筋肉が常にガチガチ…特に腰背部の張り・違和感は日常的に抱えていました。

これは背筋群が常に過剰に使われてしまっている合図でもあります。体の背面が過剰に働いていることで肋骨が開くこともあります。これを専門用語でリブフレアといい、体に良くない影響が出てしまう可能性がある状態と言えます。

体が常に後ろに反り気味のため、逆に体を丸める能力は低下…この状態では腹筋もうまく働らかず体幹の運動をしても効きにくくなってしまいます。

24時間姿勢は意識できない

胸を張ったり、背筋を伸ばすことを日常的に行うことの弊害をお伝えしました。そして、もう一つ知ってもらいたいこと。それは「姿勢は24時間意識できない」ということ。

当たり前の話ですが、24時間姿勢に意識を向けることは不可能です。ちょっと意識しても30分後、1時間後にはどうでしょう?ほとんど姿勢のことは忘れてしまっていると思います。

つまり「意識」には限界があります。

だから僕は姿勢改善をするときに「姿勢を意識させる」ことはありません。「自然」と良くなるようにもっていきます。

姿勢(関節のポジション)は筋肉の引っ張り合いで決まる

姿勢を決定する一つの要因はやはり「筋肉」です。前後の筋肉の引っ張り合いによって関節の位置が決まります。

もし筋肉が過剰に硬くなっていたり、逆に弱くなってしまっていれば正しい位置に関節が収まりません。

筋バランスを整えることができれば関節の位置は安定するので結果、姿勢も良くなります。

「自然」と前後のバランスが取れるように「硬くなった部位はほぐす」「弱くなった部位は鍛える」ことをやっていくことが姿勢改善においては重要です。

姿勢は前庭系(バランス機能)が大きく関わる

筋肉は確かに重要です。しかし、筋肉の強弱だけで姿勢が決まるわけではありません。実は姿勢の20%程度をコントロールしているのは「前庭系」と呼ばれる機能。

ここではわかりやすく「耳の機能」と表現しますが「耳」が弱ることでも姿勢は悪くなります。

「耳」の奥には三半規管と呼ばれる器官があり、常に体の傾きを感知しています。ちょっと転びそうになっても持ちこたえられるのはこの「三半規管」(正しくは前庭系)の機能があってこそだと言われています。

大人になるとデスクワークなどで座る時間が増え、頭部を動かすことが減ってしまいます。

そうすると「三半規管」の機能は低下してしまい姿勢に影響を与えます。時々、首が常に傾いている人もいますがおそらく三半規管に何かしらの問題が出ていると考えられます。

反り腰や猫背の人も「耳」の機能が低下している人がいますので、筋肉だけでなく「耳」に刺激を入れていくトレーニングも必要です。

視覚(目の機能)も姿勢に影響を与える

「耳」の次は「目」です。実は視機能も姿勢に影響を与えます。パソコンやスマホ時間が長い人はずっと目線を固定している時間が長いため機能が低下しがちです。

目は「視力」以外にも「ピンとと合わせる能力」や「モノにささっと視点を合わせる」能力なども持ち合わせています。

人間は8割の情報を目から取ると言われています。

つまり目が機能しないってけっこうまずい状態なんですよね。

「耳」と同様、「鍛える」というイメージが少ない部位ではありますが実は姿勢改善の大きな鍵になっています。

姿勢は「意識」では直らない

いかがだったでしょうか?姿勢は常に意識できるものでもなく、聞き慣れない「耳」や「目」の機能も影響して成り立っています。

まとめると姿勢改善を根本的にしたいなら「運動」は必須です。

人からマッサージをしてもらったりすることで「骨盤が調整される」こともあるかもしれませんが、「耳」や「目」も姿勢に関わっている以上、「自分で動きて鍛える」ことが重要です。

このことを理解できると姿勢改善はどんどん進んでいきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。